2010年05月22日

発作0522。

2010年05月22日(晴れ)。

・00時15分ころ。

短い頭部のみの痙攣?〜50秒の重い痙攣。
泡少量、失禁なし、脱糞なし。
意識回復前に眠る。

フェノバール注射。



・03時45分ころ。

30秒の軽い痙攣。
泡なし、失禁なし、脱糞なし。
意識回復前に眠る。

処置なし。



・06時50分ころ。

1分30秒の重い痙攣〜20秒の顔面痙攣〜1分05秒の重い痙攣。
泡大量、失禁なし、脱糞大量。
意識回復前に眠る。

10時にフェノバール注射。





最初の重責発作の始まりは私がちょうどトイレに入った直後。
直美さんに呼ばれて用を足す間もなく慌てて出たのですが、
その時にはすでに第一段階の発作は終わっていました。
直美さんの説明がかなり曖昧なので、
本当に「短い頭部のみの痙攣」だったのかいまいち信用できません。

朝の発作の症状はだいぶ重かったし、
本来ならば薬が一番効いているはずの04時前にも発作が出ている。
やっぱり抗てんかん剤が効かなくなってしまうのか…
という焦燥感と不安が募り、行き場のない怒りが込み上げます。

とんちゃんの体が耐えられるギリギリまでの量の投薬をし、
すでに最大限の可能な限りの手を尽くしている状態。
とんちゃんに生きていてもらうために出来ることはもう何もない。
かと言って、最期の選択を決断することも、
私には出来ない。
とんちゃん、痛いのとってあげられなくて、ごめんね…

また明日から天気が崩れるようなので、
それを乗り切る体力を残すためにも、
本当に今日はもうこれで治まっていてくれますように…
posted by なこ。 at 17:16| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。