2010年03月26日

発作0326。

2010年03月26日(曇り)18時05分ころ。

3分半痙攣の後30秒ほど静止しその後2分再痙攣。
泡中量、失禁極少量、低いうめき声。
痙攣が激しかったため舌を噛んでけっこう出血。
意識回復前にそのまま眠る。

夜のフェノバールを注射に変えて対処。
出血はちゃんと抑えきれてなかった私のせい。
痛い思いさせてごめんね。

youtubeでとんちゃんの発作と近い動画をいくつか見付けました。
決していいものではないので見たくない方は避けてくださいね。
(ヘタレ飼主には発作中に撮影なんて余裕が微塵もないもので…
よその子たちの動画を拝借して失礼させていただきます…)

1
'軽い発作'と表現している時のがこんな感じ。

2
発作の終盤はいつもこんな風に硬直痙攣。

3
これで中度程度、重い痙攣はもっと激しい。

4
発作前に走り回る様子が一瞬写ってる。

私はとんちゃんが発作を起こしたらすぐに抑え込んでいます。
一般的には発作中は触れてはいけないというのが常識らしいけど。
対処の仕方はそれぞれの飼主の判断で不正解はないと思う。
「大丈夫だよ」ってずっと声をかけ続けたり、
パニックになったりするのはみんな同じようだしね。

と言いつつも、どうすればとんちゃんがいちばん苦しくないのか…
発作ともっと上手く付き合うにはどうしたらいいのか…
まだまだ模索中です。

落ち込んでる場合じゃないよ。
しっかりしなよ。

もう発作いらない。
それがいちばん。
posted by なこ。 at 22:12| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。