2010年04月20日

脳腫瘍通院・50。

2010年04月20日。

少し雨が弱まった夕方に病院へ。
今日はヤル気満々。

まずは気にかかっていた左脇の診察。
触診としこりの位置から腫れているのリンパではないということで、
中身を吸い取って正体を調べることに。
いつものものよりぶっとい注射を射して、
しこりの中をグリグリかき混ぜながら中身を吸い上げる。
出てきたものはちょっと緑がかった汚い色の「膿」でした。
背中のリンパ腫患部下の皮下組織が壊死してきていて、
そこで発生した膿が脇まで下がって溜まっているようです。
先生が何度もグリグリしながら頑張ってくれたけど、
膿の粘着性が強すぎて結局ぜんぶは吸い取りきれませんでした。
取りきれたとしてもどうせまたすぐに溜まってしまうそう。
かなりエグい作業で見ている方は鳥肌ものだったけど、
肝心のとんちゃんはまったく痛がる様子もなかったのでよかったよ。
膿の腫れ部分に抗生剤を注射してもらいました。

体重は先週と変わらずでしたが、心臓は先週よりずっといいって。
今にも止まりそうでほぼ聞こえなかった心音が、
今日はしっかりと雑音になっているんだって。
雑音の心音は決してよくはないのだけど、
先週のように消えかかっている心音よりは断然いいんだって。
血圧もまずまずだったし、
なんかとんちゃんまたしても復活気味?

いつものように点滴を入れてもらいながら、
一昨日から続いている発作の報告と対処法の確認。
ついでにあんな愚痴もこんな愚痴もたんまり聞いていただいちゃった。
ごめんなさい、ありがとう。

動けるようになって体力使ったら、
やっぱりまた発作が頻繁になるかもしれないみたいです。
なかなか上手い具合にはいかないものだね。

とんちゃんはオヤツをたくさんもらって上機嫌だったからいっか。
考えても仕方ないことはあんま考えないようにしよう。

来週も先生たちに会いに行けたらそれでいいや。
posted by なこ。 at 19:23| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。