2010年04月14日

脳腫瘍共生263日目。

2010年04月14日。

08時療養食100g、ヨーグルト20gくらい、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
08時45分イソバイド1cc 、メルファラン0,5錠。
09時フェノバール1錠。
15時ころプレドニン・抗生剤・ビタミン剤注射、ソルラクト点滴。
19時55分療養食100g、ヨーグルト80gくらい、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時50分イソバイド1cc、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。
21時フェノバール0,7cc注射。

今朝も06時すぎには目を覚まし、モゾモゾともがいていました。
必死に起き上がろうとしていて少し力が戻った様子。
朝ごはんもモリモリ食べてくれました。

病院から帰宅後はまたグッタリグッスリだったのだけど、
夜ごはんで起こした時にはすごく調子よさそう。
一昨々日の発作で脱糞して以来出ていなかったウンコも排出。
きちんと出来るわけもなく漏れちゃったんだけど、
出ないよりははるかにいい。

夜ごはんの最中には頭をしっかり持ち上げられるようになり、
食後には前足の力のみで匍匐前進まで出来ちゃうほどに!
ほんのちょっとで疲れ果てちゃうし下半身はまだまだ腑抜けだけれど、
自分の意志で動けるように回復してきてるってほんとにすごい。

このまま調子に乗って明日はいつものごはんを食べられたらいいな。
いっぱい栄養付けて体力付けたらまた歩けるようになるかな?
せめてオスワリくらい出来るようになるかな?

この2日間、発作が出ていないことにも助けられてるんだろう。

もう無理はしなくていい。
頑張らなくたっていい。
とんちゃんのペースで、ゆっくりのんびり穏やかにすごせたら、
それでいい。

残された時間でとんちゃんの望みが一つでも多く満たされますように…
posted by なこ。 at 23:50| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍通院48。

2010年04月14日。

今日も午後一番で病院。
昨日ほどのヤル気は見られなかったけど、
先生たちには甘えて挨拶してました。

心臓は変わらず雑音がすごくて心音はかなり弱い。
血圧はまずまず。
脱水がますますひどくて貧血も出てました。

レバーを食べろと言われたよ。
レバーペーストでもいいかしら?

皮膚型リンパ腫がグングン悪化してます。
穴がボコボコあいてきていて、
どうやら表皮は腐ってきているようです。
家では出来ないほど徹底的に消毒してもらいました。

薬についても相談の結果、
今後は発作の有無に関わらず夜のフェノバールは注射、
調子が悪い時はプレドニンも注射で入れることになりました。
それからメルファラン(抗ガン剤)は一旦休薬期間に入ります。

今日もステロイドやらの注射と多めに補液を点滴してもらって終了。

点滴中につい先月脳腫瘍が判明したばかりの子が、
一昨日亡くなったと聞きました。
もちろんガクンと重い気持ちになった反面、
とんちゃんは本当にとんでもないことをやってのけていて、
私はものすごーく恵まれているのだなと痛感しました。

とんちゃんは凄まじい奇跡の中にいて、
私はそれを目撃させてもらっているのかもしれない…

来週もとんちゃんが大好きな先生たちに会いに行けますように!
posted by なこ。 at 21:33| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。