2010年04月13日

脳腫瘍共生262日目。

2010年04月13日。

06時10分療養食20gくらい、ヨーグルト少し。
08時15分療養食80gくらい、ヨーグルト少し。
09時イソバイド1cc、フェノバール1錠、メルファラン0,5錠。
15時プレドニン・抗生剤・ビタミン剤注射、ソルラクト点滴(病院)。
20時療養食100g、ヨーグルト40gくらい。
20時45分イソバイド1cc、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。
21時フェノバール0,8cc注射。

動けないくせにとても早起きでした。
ごはんちょっと食べたらまたすぐ寝ちゃったけど。
朝ごはんの後も病院に行くまではグッスリでした。

病院でいくらか元気になった感じだったのに、
帰宅後は再び動かずグッタリ。
昨日の夕方から出ていなかったオシッコが出たからよいですが。
オネショだけどね。

やっぱりもう寝たきりになってしまうのか…と思っていたら、
夜ごはんを食べ始めると徐々に力が湧いたようで、
食べ終わるころにはしっかり頭を持ち上げてました。
まだ持ち上がったのは頭だけで寝たきりが解消されたのではないけど、
頭さえもまったく動かせなかった状態から比べると雲泥の差です。

ごはんもかなり力強く必死に食べてくれて、
とんちゃんの「生きよう」と懸命な気持ちがヒシヒシと伝わってきます。

もしかしたら今回もまた乗り越えて復活出来るかな…

今夜もマツボックリンちゃんを抱えて眠っています。
八ヶ岳の愛とパワーにありがとう。

欲張ってはいけないけど、明日はさらに元気になっていますように…
posted by なこ。 at 23:34| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍通院47。

2010年04月13日。

今日は午後一番で病院へ。

昨日から変わらずまったく動けず寝返りさえ出来ない状態だったのに、
診察台の上でしばらくすると先生の声に反応し始めました。
名前を呼ばれる度に必死に起き上がろうともがいていたのだけど、
ステロイドと補液を点滴しだしたら頭を持ち上げて先生を見つめたの。
すぐにガクッと頭をたれてしまいましたが、
それでも家ではまったく動けなかったからビックリです。
直美さんと先生たちとみんなで大興奮しちゃいました。

ほんの一瞬でも頭を持ち上げる力があったこと、
すごく嬉しかったです。
飼主の声ではなく先生の声でっていうのは別としてね。

点滴されながら色々チェック。
体重はついに6,8kgに落ちちゃってたけど、
これは昨日食べることが出来てないから仕方ない。
心臓は雑音がひどくなって昨日よりも聞こえにくいそう。
昨日からは発作が出ていなかったのに悪化したようでよくないです。
血圧はまずまず、体温も38℃台後半でした。
右目の反応は昨日と変わらずで見えてないかもとのこと。

皮膚型リンパ腫患部も診てもらました。
一昨日から常にジワジワと出血と排膿している状態が続いています。
クレーターのような穴がいくつもあいてきているのですが、
どうやらリンパ腫が縦横にだけでなく奥にも拡散しているようです。
表皮のみに留まらずいよいよ体内にも病魔が廻ってしまうのですね。
毎日しっかり消毒するしか対処法がないんだって。
かわいそうだけど痛い消毒に耐えてもらおう。

昨日よりは少し力が戻って随分ましな感じだけれど、
まだまだよくない状態なので明日も通院になりました。
posted by なこ。 at 21:08| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。