2010年04月12日

発作0412・脳腫瘍共生261日目。

最後に皮膚型リンパ腫患部むき出しの画像ありです。
見たくない方はご注意くださいね。





2010年04月12日(小雨)。

・03時40分ころ。

2分の中度の痙攣〜1分40秒の重い痙攣の重責。
泡大量、失禁少量、脱糞なし。
意識回復10分強かかり悪い。

処置なし。



・06時05分ころ。

2分半の中殿痙攣。
泡大量、失禁なし、脱糞なし。
意識回復前に次の発作。

処置なし。



・06時10分ころ。

4分の重い痙攣。
泡大量、失禁大量、脱糞なし。
意識回復前にそのまま眠る。

処置なし。



・08時10分ころ。

1分20秒の軽い痙攣〜3分弱の重い痙攣の重責。
泡大量、失禁中量、脱糞なし。
意識回復前にそのまま眠る。

病院に電話で確認しフェノバール注射。



だいぶしんどい夜でした。





2010年04月12日。

00時フェノバール0,7cc注射。
08時20分フェノバール0,7cc注射。
09時イソバイド1cc。
10時プレドニン・ビタミン剤・抗生剤注射、ソルラクト点滴(病院)。
14時40分ヨーグルト極少量。
15時15分ロキソニン1錠。
19時20分療養食100g、ヨーグルト少量。
20時30分フェノバール08cc。
20時45分イソバイド1cc、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。

夜中じゅう激しい震えに苦しんで一睡も出来ずに朝でした。
06時すぎの発作で意識が戻らないままやっと眠れた感じです。

朝ごはんはなんとか目を覚ましたものの、
まったく反応せずひと口も口をつけられませんでした。

病院から帰宅後はようやく少し落ち着いて眠れたのだけど、
14時半すぎに呼吸が荒くなり始めたので熱を測ったら39,4℃。
朝病院で測った時とは打って変わって今度は高体温です。
それでもちょっと安定したのか、
僅かですが水とヨーグルトを口にしてくれた。
高熱は心配なので病院に確認してロキソニンを飲ませました。

その後はまたグッタリと眠り続けて、
夜目を覚ました時にはだいぶ食欲も戻った様子。
病院でもらってきたドロドロの療養食をシリンジで食べてくれました。
ヨーグルトまで一緒に食べることが出来てひとまず安心した。
起き上がろうとしても頭さえ持ち上がらないほど弱っているけど、
まだまだとんちゃんの強靭な食欲は無敵なようです。
ほんのちょっとだっていいから食べたい気持ちを失わないでいて欲しい。

夕食後はまたよく眠っています。
先ほど検温した際に目を覚まして起きようともがいていたけれど、
必死にもがいたところで動かせるのは前足くらいだからね。
あとはもう全身力が入らずグッタリです。
ちなみに熱は38,6℃まで下がってました。
まだ平熱よりは高いけど少しホッとしますね。

この先また奇跡の回復をしてくれるかどうかはわからないけど、
今までのとんちゃんのガンバリを信じて希望はなくさずにいよう。

夜ごはん中。
tongmessyeating.jpg
右手が自力で食べてる気満々の力の入りよう。

夜ごはん終了。
tong'smessafterdinner.jpg
食べ終わったら力も抜けるよね。

おやすみなさい。
tongsleeppeacefully.jpg
新しいお友達は素敵な香りのマツボックリンちゃん。
posted by なこ。 at 23:43| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍通院46。

2010年04月12日。

今朝は予定になかったけど病院に行ってきました。
発作が続いたり薬を大量に使ったりで、
まるで起き上がれない上にごはんも食べられなかったので。

聴診器でも聞こえにくいほど心臓が弱っていて、
体温も35,7℃というものすごい低温でした。
昨夜はまだギリギリ37℃台だったのに。

右目のみ光に対しての反応がまったくなく、
意識もあるのかないのかだいぶ朦朧としている状態でした。

震えもひどく恐らく腫瘍が脳神経を圧迫していて、
かなり痛みもあるのだろうということで、
ステロイドや抗生剤を注射し補液も多めに点滴してもらいました。

大好きな先生たちのこともちゃんと見えていないようでした。
差し出されるオヤツにも無反応。
いつもは病気のことを笑い飛ばしながら楽しい診察なのですが、
今日はそうもいかなかったですね。
悔しいな。

様子を見て明日か明後日また病院です。
posted by なこ。 at 20:22| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

脳腫瘍共生260日目。

2010年04月11日。

08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
10時40分ロキソニン1錠。
15時10分フェノバール0,7cc注射。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時55分イソバイド1cc、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。

一日中震えがひどい。
朝は震えがひどすぎて眠れずにいたのでロキソニンを飲ませました。
夕食後もなかなか熟睡できずにいて、
ブルブル震えながら何度も目を覚ましています。
腫瘍のせいで頭が痛むのかな…

毎日のように発作が起こる上に、
どんどん症状も悪くなってしまっています。

多少残したり途中で寝てしまったりしても、
まだごはんを食べてくれることがせめてもの救いで希望です。

早く夜が終わって明日になって欲しい…
posted by なこ。 at 23:42| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作0411。

2010年04月11日(晴れ/曇り)15時ころ。

2分半の重痙攣〜50秒の重痙攣〜4分の重痙攣の重責。
泡超大量、失禁少量、脱糞なし。
意識回復前にそのまま眠る。

フェノバール注射。

2日連続でかなり長くて重い重責発作。
よくないですね。

痙攣中に床で擦れてまた右頬の皮膚が剥がれてしまいました。
本当によくないですね。

どうにかとんちゃんの苦しみを和らげてあげる方法はないのかね。
ただ見ているだけしか出来ないのはなんとも腹立たしいものだね。

これから雨になるようだけど今日はもう起きませんように…

とんちゃん、雨なんかに負けたらダメだよ!
posted by なこ。 at 21:12| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

発作0410・脳腫瘍共生259日目。

2010年04月10日(晴れ)18時05分ころ。

3分重い痙攣〜2分半軽い痙攣〜3分半重い痙攣の重責。
泡大量、失禁中量、脱糞中量。
意識回復に20分ほどかかりかなり悪い。

夜のフェノバールを注射に変更。

長いし重いし見ているのが辛い。





2010年04月10日。

08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時55分イソバイド1cc、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。
21時フェノバール0,8cc注射。

昨夜はなん度もなん度も目を覚まし、
きちんと睡眠がとれないまま朝になってしましました。
おかげで朝ごはんの後は即熟睡だったけどね。
すでに夢の中のとんちゃんに薬を飲ませるの、苦労したよ。

日中もよく眠っていて落ち着いていたのに、
夕方の寝起きでまた発作。
私が隣でヨガなんかしてバタバタしてたのがいけなかったかな…
うるさくしてごめんね。

しんどい日が続いてるけどとんちゃんは負けてないよ。
明日からまた天気も崩れるらしいけどとんちゃんは負けないよ。

今夜こそゆっくり眠れますように…





追伸
ふと気が付いたら飼主またもや携帯止まってました。
いつから止まってたのか謎なのですが、
この間にもしも携帯に連絡くれてたお友達がいたらごめんなさい。
明日には復活させますので…
ついでに言うと、飼主への連絡は家電かPCが確実です…
posted by なこ。 at 22:18| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

発作0409・脳腫瘍共生258日目。

2010年04月09日(晴れ)20時15分ころ。

1分50秒ほどの軽〜中度の痙攣。
泡少量、失禁なし、脱糞なし。
意識回復よい。

夜のフェノバールを注射に変更。





2010年04月09日。

08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時55分イソバイド1cc、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。
21時フェノバール0,8cc注射。

昨夜ごはんの最中に力尽きて眠ってしまってから、
今朝ごはんで起こすまでグッスリ目を覚ましませんでした。

日中もよく眠っていて落ち着いていました。

それなのに夜はまた発作。
しかもまたごはん前。
やっぱりごはんで興奮するのがよくないのかな?
でも今や食べることが唯一の楽しみのとんちゃんに、
ごはんを前にして興奮するなっていうのは無理があるよね。
今夜の発作は比較的軽かったけれど、
軽くても重くてもなんでも発作はイヤだ。

夜ごはんは発作直後だったので、
とんちゃんの体力を考慮してちょっと少なめにしておきました。

夜の薬後に包帯を外したら大量に出血しててビックリ。
発作の衝撃でだと思われます。
なかなか血が止まらなくて大変だったよ。

今は止血も出来て注射も効いてきたのか熟睡してます。
今夜もこのまま朝まで起きずにゆっくり眠れますように…
posted by なこ。 at 23:53| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作0408・午後。

2010年04月08日(晴れ)。

・19時50分ころ。

1分20秒ほどの軽い痙攣。
泡少量、失禁なし、脱糞なし。
意識回復よい。

処置なし。



・20時20分ころ。

4分弱の重い痙攣。
泡大量、失禁なし、脱糞少量。
意識回復比較的よい。

ごはんを少し食べた後でフェノバール注射。





昨日は合計7回。
多いね。

あれこれ書くとよけいにガクッときそうなのでやめときます。

懸命に耐えぬいてくれているとんちゃんはえらい!
posted by なこ。 at 18:47| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

脳腫瘍共生256日目・257日目。

2010年04月07日。

08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。

昨日は発作なしですごせたんだけど。
体調もいつもよりはよさそうに見えてたんだけど。
だから夜のフェノバールも錠剤にしたんだけど。

また判断を間違っちゃったようですね…





2010年04月08日。

02時すぎフェノバール0,7cc注射。
08時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時40分ごはん極少量、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時55分イソバイド1cc、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。
21時フェノバール0,8cc注射。

今日はまた発作続きでしんどい一日です。

夜ごはんの直前にも発作があったのですが、
夜ごはんを食べ切れずに途中で倒れ込んで寝てしまいました。
まったく起きてくれないので、
薬もとんちゃんの口の奥にムリヤリ突っ込んで飲ませたよ。
だけど一瞬でもごはんを食べようと意識が戻っただけよかったよね。

皮膚型リンパ腫の患部が広がっていたり、
皮膚型リンパ腫予備軍で皮膚が硬くなっていたり、
ガリガリに痩せて脂肪がなく皮だけになっていたり…
いろんな要素が重なって、近頃とんちゃんの背中は頓に注射しにくい。
彼方此方の皮を引っ張りまくって射しやすい場所を探しても、
肉のなくなった背中に針を皮下まで射しきるのが難しい。

夜の注射、3回も射しなおしました、ごめんなさい…
余計な痛い思いをさせました、ごめんなさい…

とんちゃんの背中にはもう注射射てるところがないから。
だからもう発作を起こさないでください。

朝までゆっくり眠って明日は元気になってますように…
posted by なこ。 at 22:42| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重責発作0408・午前。

2010年04月08日(晴れ)。

・00時35分ころ。

4分半の重い痙攣。
泡超大量、失禁なし、脱糞大量。
右目眼球のみ高速回転。

痙攣が治まりきる前に次の発作。

4分ほどの中度の痙攣。
泡大量、失禁なし、脱糞中量。
発作後15分ほど意識のないまま目を見開いて横たわっていたが、
けっきょく意識が戻らないまま寝てしまう。

処置なし。



・01時55分ころ。

50秒ほどの軽〜中度の痙攣。
泡少量、失禁なし、脱糞なし。

すぐに治まったが2分半ほど間を空けて次の発作。

3分半の重い痙攣。
泡大量、失禁なし、脱糞少量。
意識回復前に寝てしまう。

フェノバール注射。



・06時30分ころ。

40分ほどの軽い痙攣。
泡極少量、失禁なし、脱糞なし。
発作中も意識あり。

処置なし。





最初の重責発作が長かった。
怖かった。

発作中の表情がどんどん痛々しくなっています。
てんかんについて調べていた時に、
発作中は意識がないから犬は何が起こったのかわからない…
というような説明をよく目にしましたが、嘘だよね。
少なくともとんちゃんはよくわかってるよ。
最近は発作の症状が出始めるとすごく怖がっているし、
自分でもなんとか抑え込もうと必死に発作に抗って闘っています。
とんちゃんは自分の体に起きていることを把握していて、
発作のたびにものすごく苦しんでるよ……

いつ起こるかわからない発作と隣り合わせのとんちゃんは、
常に多大な不安を抱えてるんだろうな…
と思うと胸がえぐられるように痛みます。
悔しい。

発作時は頭部も抑えているけれどどうしても顔が床で擦れてしまい、
その都度頬の皮膚が剥けていってしまっています。
とんちゃんの顔は撫でてあげられる面積が小さく小さくなっちゃった。

もう本当に、脳腫瘍も皮膚型リンパ腫もいい加減にしてもらいたい。

夜中から早朝までにすでに5回。
今日はもう充分でしょう?
これ以上とんちゃんに近づかないでくれ。
posted by なこ。 at 16:48| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

脳腫瘍通院45・共生255日目。

2010年04月06日。

昨日も病院でした。

なんとなく体重は計るのやめておきました。
発作が続いていたのに昨日は血圧が割と低めで落ち着いてたよ。
心臓は一昨日と変わらずで危険な心臓だったけれども。

皮膚型リンパ腫は「腐った魚屋さん」だって。
ただ魚が腐ってるのではなくて魚屋さん全体が腐っちゃった感じね。
大笑いで心から納得しちゃった。
先生じゃない他の人に言われたらきっと腹立つんだろうけど。
そしてメルファラン(抗ガン剤)をあと1週間続けて一旦絶つことに。
経口の抗ガン剤はだいたい1ヶ月で1クールなんだって。
抗ガン剤を始めてもう1ヶ月ということにビックリしました。

昨日も消毒と点滴をしてもらって終了。





2010年04月06日。

00時フェノバール0,7cc注射。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
17時ころソルラクト100ml点滴(病院)。
20時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。

昨日はやっとなんとか発作フリーですごせました。
かなりホッとします。
一昨日、注射を2本射ってるせいかとんちゃんは元気なかったけど。

朝の薬後、力尽きたようにグタッと眠っていたので、
休みだった直美さんに見張りを頼んで飼主も一緒に寝ちゃいました。
ありがたいですね。

病院帰りに消毒用コットンなどを調達しに薬局へ。
とんちゃんを直美さんと車内に残し急いで買い物を済ませたのですが、
その間に突然背中を座席に擦り付けながら大暴れしたらしい。
車に戻ったらトイレシートにくるまれた状態で抑え込まれてました。
むき出しだった皮膚型リンパ腫患部からはダクダク出血、
擦り付けられた車のシートもあちこち血だらけ…
せっかく病院できれいに消毒してもらったばかりだったのに…
台無し。
帰宅後に一から消毒し直すハメになりました。

夜ごはんの後もカウント10でいけそうなほど速攻で撃沈。
「食べる」という作業に激しく体力を奪われるようですね。

飼主の不注意で要らぬ出血をさせてしまうという失態があったけど、
発作がなかったので平和な一日だったということにしておきます。
そして今後は不測の事態が考えられる場合は、
他の人にとんちゃんの見張り役をお願いするのはやめておこう。

痛い思いさせてごめんなさい。
だけどさぞかし気持ちよかったことでしょう。

もう二度とさせてあげないけどね。
posted by なこ。 at 18:55| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。