2010年03月05日

発作0305。

2010年03月05日(晴れ)21時45分ころ。

くんたの帰宅で目を覚まし、人間の食事に少し興奮気味だった時。
顔を強ばらせて震えがひどくなり始めたので、
水やオヤツで気を引こうとしましたが効き目なくそのまま発作。

今回もまた痛々しい悲鳴を上げながらの激しい痙攣。
泡は少量で失禁もなかったが大量に脱糞。
痙攣の時間は3分ほどだったが意識回復までにかなり時間がかかった。
何度か「とんちゃん」と声をかけてようやく戻ってきたという感じ。

夜の薬から間もなかったのでまだ処置していません。
夜中のフェノバールを注射で入れて対処しようと思います。

くんたは泣き叫びながらの発作を初めて目の当たりにしたのですが、
苦しむとんちゃんの姿を前にちょっと考えこんでいました。
こんなとんちゃんを見るのはしんどいよね……

発作後未だ熟睡できず落ち着かない様子ですが、
なんとかこのまま連鎖させずに発作を治めてください。
とんちゃんの痛みが飛んで行ってしまいますように……
posted by なこ。 at 23:48| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生222日目。

2010年03月04日。

03時イソバイド1cc、フェノバール1/2錠、ゼオライト。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,7cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、メルファラン1/2錠。
15時30分ハナビラタケ、ゼオライト。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

震えがひどく時折顔を強ばらせていたのでいち日緊張してたけど、
なんとか発作は起こさずにいてくれました。
抗ガン剤の副作用か単に調子がよくないのか、
少しだけど徘徊時間が減って睡眠時間が増えています。
ここ最近は痛みからか痒みからか、
連続した睡眠をとれていなかったのでちょっとホッとします。
どんな状態にせよ、寝たら体力回復するよね?

このまま発作が落ち着いてくれて穏やかにすごせるといいな。

ふと気が付けば、余命宣告から7ヶ月がすぎました!
真央ちゃんではないけれど、短いような長いような…
向き合っている間はとてつもなく長ーく感じてしまうけど、
振り返ってみるとほんとうにあっという間なのですね。
振り返った時にあっという間だったと思うならば、
一緒にいられる今を大切にすごさなければいけないね。
本気で腹が立っても、どんだけ追いつめられても、
ぜーんぶ投げ出したくなっても、それも今しか出来ないことなんだね。
すごく当たり前のことを改めて痛感しています。

感謝の気持ちを忘れずにこれからもがんばってゆこう!

昨日の包帯は渋い緑色。
tongback.jpg裏。tongup.jpg表。
モデルがいいんでなんでも似合っちゃいます。(←親バカ)
posted by なこ。 at 13:59| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。