2010年03月14日

脳腫瘍共生231日目。

2010年03月13日。

03時イソバイド0,6cc、フェノバール1錠、ゼオライト。
08時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1/2錠、メルファラン1/2錠。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1/2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

早朝ちょこっとパタパタ倒れつつ徘徊もどきなことをしてましたが、
20分ほどでヘトヘトでその後はまたほとんど寝てすごしました。

朝からがんばって動こうとしてたので調子がよいのかと思いきや、
朝ごはんの途中でグッタリなってしまってごはんを残しちゃった。
食べるのが辛そうだったので完食は諦めました。
このまま食べることまで出来なくなったら困るなぁと心配したけど、
午後のオヤツと夜ごはんはどちらもちゃんと食べてくれてひと安心。
発作続きで体力消耗してるからしっかり栄養補給してもらわないとね。

あとは、夕方ちょっぴり目を覚ました際にお漏らししちゃったね。
オシッコをしたい素振りもまるでなく、
ボーッと座っていたそのまんまの体勢で漏れちゃった。
たぶん無意識でとんちゃん自身は気付いてなかったです。
とうとう垂れ流しに一歩近づいてしまったのかしら?
でもオムツはしないよ。
オムツしたらさらに一気に衰えちゃいそうな気がして恐いのです。

昨日も発作が出てしまいフラフラではあるけれど、
とんちゃんはまだまだ耐えてくれています。

ウルトラスーパーえらいコちゃんなんだ。
ウジウジメソメソなダメ飼主をおいてったりなんかしないんだ。
きっときっと大丈夫なんだ。

ふぅ…

がんばってトイレにはたどり着いたけど用を足す前に撃沈。
leekytong.jpg
グルグル回ったら疲れちゃったの。

案の定この後はオネショだったよ。
でもそんなところもかわいいの。
posted by なこ。 at 19:48| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作0313。

2010年03月13日(晴れ)22時ころ。

昨夜の地震で目を覚ました直後。

2分半の激しい痙攣。
低いうめき声。
泡大量、失禁なし。
また意識が戻らないまま寝てしまった。

夜中のフェノバールを注射に変えて対処しました。

ほんとに毎日発作。
キツい。
どうしてとんちゃんがこんなに苦しまなきゃいけないのでしょう?
誰か教えてくれませんか?

犬の十戒の十番目の戒めは、思っていたよりもはるかにしんどい。



弱気な日記でごめんなさい…
posted by なこ。 at 09:37| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

脳腫瘍共生230日目。

2010年03月12日。

03時イソバイド1cc、フェノバール1錠、ゼオライト。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1/2錠、メルファラン1/2錠。
16時ハナビラタケ、ゼオライト。
20時10分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時50分イソバイド1cc、プレドニン1/2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、チョコラA1錠。
21時フェノバール0,8cc注射。

寝てました。
ずっと寝てました。
いち日中寝てました。

ずっと寝てばっかだったのに、
発作が出たりオネショしちゃったり。
ところどころに嬉しくないこともありました。

ごはんはまだ頑張って食べてくれていました。
相変わらず食後のお腹はパッツンパツンですが、
それもなんだか愛おしくかわいく見えるようになってきました。

発作時に飲み込んだ泡が気管にからんだままでゴボゴボです。
時折ダイビングでもしているかのような寝息が聞こえてきます。
とんちゃんには申し訳ないけれども面白いです。
鼻も詰まっていて半分口呼吸なので、
息を吐く度ほっぺがプフゥと膨らむのも面白いです。

徘徊してた時はイライラしながら散々文句言ってたくせに、
眠りっぱなしになると構ってもらえなくって寂しかったりしています。
はい、矛盾だらけのアホ飼主です。

目の前のとんちゃんとその時々の喜びを見付けなさいよっ。

だけどもっかい元気になってくれないかなぁ…
posted by なこ。 at 21:18| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作0312。

2010年03月12日(晴れ)17時ころ。

グッタリ睡眠中の発作。

1分ほどの短い発作だったが痙攣は重く、
また「ウゥゥゥ…」と低いうめき声。
泡は少量で失禁や脱糞はなし。
発作後は意識が完全に回復する前にそのまま再び眠ってしまった。

よく眠っていて落ち着いたようだったので、
夕食後まで待って夜の薬を注射に変えて対処。

3日連続…今週はほぼ毎日発作が出てるのか。

体力を奪われまくってる上に、
フェノバールも大量に入ってるんだもんね。
それじゃあフラフラで元気なくなるのも無理ないよね。

なんとかして負担を軽くしてあげたいけど打つ手なし…
病気の前には飼主の愛情なんてなんとも無力なものなのですね…

ただただひたすら「痛くないように、苦しくないように」、
と願うことしかできることがないのです。
頼りない飼主でごめんね。

毎日を懸命に耐えぬいてくれているとんちゃんに感謝して、
いち日を無事に終えることができて幸せだと思えるように努めよう。
posted by なこ。 at 11:29| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

脳腫瘍共生229日目と通院・39。

2010年03月11日。

02時30分フェノバール0,5cc注射。
03時イソバイド1cc、ゼオライト。
08時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1/2錠、メルファラン1/2錠。
15時20分ハナビラタケ、ゼオライト。
18時ころビタミン剤入りソルラクト100ml点滴(病院)。
20時10分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時45分イソバイド1cc、プレドニン1/2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、チョコラA1錠。
21時フェノバール0,8cc注射。

さらに動かなくなりました。
Mちゃんが来てくれている間にちょっと起きていたくらいで、
あとは徘徊をしようともせずずっと眠りっぱなしでした。

ごはんもムリヤリ起こしてやっと食べてもらった感じだったよ。
Mちゃんが食べさせてくれたオヤツにはガッツいてたくせにね。
いつもと同じバナナとキウイのオヤツなのに、
いつもよりはるかに美味しそうに食べてました。
飼主が差し出すものが気に食わないとでもいうのかしらね。
毎日ひっしに飯炊き係を努めてんのに失礼しちゃうわね。

眠りっぱなしということからもそうですが、
見た目から明らかに認識できるほど本当に一気に弱ってきています。
食べものにも以前ほどの執着がなくなってきています。

そんなとんちゃんを見つめながら、
このままどんどん悪くなっちゃうのかな…と不安は募るばかりだけど、
目を背けずきちんと見守っていてあげたいと思います。





夕方にはMちゃんとSちゃんに同行してもらって病院へ。
MちゃんとSちゃんが一緒に行ってくれたけど、
今回は幸いとんちゃんが危篤!とかではないですよ。

実は前回の通院時にいいものを頼んであったのです。
それが届いたよーと連絡があったので取りに行ってきたんだー。

じゃん!
auntietong3.jpg 半身タイツ。

農家のおばさん?
auntietong2.jpg ううん、給食のおばさん。

似合うじゃーん。
auntietong1.jpg モデルがいいからね。(←また親バカ)

皮膚型リンパ腫の患部が広がってしまって、
上半身全体に包帯グルグル巻きだったからね。
巻く方も巻かれる方もなかなか大変な作業だったのです。
これがあれば今までみたいにギッチリ巻き巻きしなくて大丈夫よ!
いやぁ、なんてステキな代物なのかしらっ。

病院で最初に着せてみた時にはMちゃんと先生と3人で、
あーでもないこーでもないと着せ方わからず四苦八苦したんだけどね。
ピッタリサイズで装着できてメデタシメデタシ。

せっかく病院に連れてってもらったので、
点滴も入れてもらって心臓と血圧のチェックもしてもらいました。
血圧は高いけど高すぎるわけではないと。
心臓はものすごい弱脈でかなり弱っていると。
いつ止まってしまってもおかしくない弱り方だと。

衝撃的ではあったけど悲観的になりすぎずに受け止められたかな。
元気がなくなってきているのはよくわかってたことだったから。
それでももちろんやっぱりショックだけどね。

先生たちが来週も会えるの楽しみにしてるよ!って言ってくれたり、
MちゃんとSちゃんがいてくれたおかげで泣いたりせずにいられたよ。

だいぶ厳しい状態になってきちゃったね。
でも諦めずに毎日をもっともっと大切にしてゆこうね。
どんなになっても、とんちゃんのことが大好きだ!



MちゃんとSちゃんとの別れ際に、
「生きてるうちにまた来てね」と挨拶したら怒られちゃった。
怒られちゃったけど、本当に「生きてるうちにまた来てね!」
posted by なこ。 at 21:13| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感謝大盛り。

昨日はとんちゃんにとっても飼主にとっても、
とっても嬉しい楽しいいち日でした。

またまたMちゃんとSちゃんがお見舞いにやってきてくれたのだっ。

近頃めっきり衰えたとんちゃんはほぼ眠っていたのだけれど、
ちょこっとだけ目を覚ました隙に、
ちゃっかりMちゃんからオヤツを食べさせてもらったりね。
眠っている間もずっとモミモミしてもらってたりね。
ふとMちゃんに気付くとひたすらペロペロして大歓迎してました。
幸せだったねぇ。

飼主も飼主でとんちゃんに対する想いや、
闘病生活での悩みあれこれや、
最近のモヤモヤや暗い気持ちをぜーんぶ吐き出させてもらいました。
私が抱いていたマイナスの部分もわかってくれて心が軽くなった。
人と話すって大事だねぇ。

いつものごとく忙しい中来てくれたSちゃんは、
残念ながらおうちに上がってもらう時間がなかったけれど、
またしても病院の送迎を快く引き受けていただいちゃったのだ。
病院を往復する間の短い時間で、
とんちゃんをいっぱいかわいがってくれました。
ほんとにもうどうお礼を言えばいいのやら。

この闘病生活が始まって以来、
とんちゃんがピンチの度にふたり揃ってスーパーマンのように現れて、
いつでも私たちを助けてくれるんだ。
感謝の気持ちを伝える言葉が「ありがとう」しかないことがもどかしい。
「ありがとう」という言葉では到底伝え切れないくらい感謝してるよ。

Mちゃん、Sちゃん。
ほんとのほんっとにいつもいっつも、ありがとう!!!!!
posted by なこ。 at 16:54| 日々。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

小発作0311。

2010年03月11日(晴れ)19時40分ころ。

30秒ほどの短い発作で頭部のみの緩い痙攣。
泡も失禁もなく極々軽い。
発作中呼びかけに反応出来ていたので意識もしっかりしていたと思う。

食後まで待って夜のフェノバールを注射に変えて対処。

この発作はとんちゃんなりのブーイングだったんだろう。
今日はとっても嬉しい楽しいことがあったので、
それが終わってしまったことに対する文句だったんだよ、きっと。

もちろん大小に関わらず発作が出てしまったのはよくないのだけれど、
今日みたいな素敵な日くらいは落ち込まずに前向きに受け止めていたい。

軽度ですんでよかった。
軽度ですませてくれてありがとう。

とんちゃんが精一杯がんばってるの、よーく知ってるからね、
もう今まで以上に「ガンバレ」とは言えないかもしれない。
でもね、とんちゃんはまだ大丈夫だと信じているよ。
posted by なこ。 at 23:51| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生228日目。

2010年03月10日。

03時イソバイド1cc、フェノバール1錠、ゼオライト。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1/2錠、メルファラン1/2錠。
15時ハナビラタケ、ゼオライト。
16時30分フェノバール0,8cc注射、ビタミン剤入りソルラクト30ml点滴。
20時15分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、プレドニン1/2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

もうすぐ今日も終わろうかというのに昨日の話でごめんなさい。

久しぶりに重責発作が起きてしまった以外の特記事項は、
寝る時間が増えて徘徊がヘタクソになったことくらいかな。

寝る時間というか、グッタリしてる時間が長くなりました。
それから、体に力が入らないようで徘徊しようとしても、
バッタバタこけまくって徘徊になっていませんでした。

とんちゃんがあまり動かなくなったので、
飼主の肉体的負担は減ったけど、その分精神的ダメージが大きいです。
とんちゃん、相当しんどいんだろうね。
もう発作の時だけじゃなくて、日常生活がけっこう辛いんだろうね。
「もう頑張らなくていいよ。」などと声をかける直美さんに対して、
「とんちゃんに触るな!余計なこと言うな!」と激怒しながらも、
内心その気持ちもわからなくもない…と思ったりしたのでした。

まだまだ頑張っていて欲しいけど、
必死に懸命に生きているとんちゃんに、
果たしてこれ以上頑張れと言っていいものかどうか…
ちょこっと弱気になったいち日でした。

難しいことを考えると悪い頭が痛みます。
どんな答えになったとしても100%の正解はないのだろうけれど、
とんちゃんの苦しみが出来るだけ少なくすみますように……
posted by なこ。 at 19:51| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

重責発作0310。

2010年03月10日(曇り)16時15分ころ。

オヤツと午後の薬の後徘徊も済んで横になった直後。
静かに始まったけど静かに終わってはくれなかった。

最初の発作は1分ほどで痙攣も緩い。
泡も失禁もなく、極軽い発作だった。
ホッとしたのも束の間で、意識が戻らないうちに続けて次の発作。
3分半の激しい痙攣。
悲鳴とはまた違う「ウゥゥゥ…」という低いうめき声。
泡も大量で脱糞もしてしてまった。
その後7分強、意識が戻ってこなかった。

病院に電話して対処法を聞いて即注射と点滴。
点滴中に意識が戻って動き出したので途中で断念したんだけど。

かなり痛いんだろうね。
我慢できないくらい痛いんだろうね。
中々意識が戻ってこないとんちゃんを前に、
呼び戻すのをやめてしまおうか…なんていうことが頭をよぎった。
このまま目を覚まさない方がいいんじゃないか…
なんていうことを一瞬でも考えてしまった。

ひどい飼主だ。

苦しむとんちゃんの姿を見るのが辛くたって、
とんちゃんはまだ必死に生きようと闘ってるのにね。

しっかりしなきゃ。

体がしんどくてもせめてとんちゃんの心が穏やかでありますように…
posted by なこ。 at 23:45| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生226日目・227日目。

2010年03月08日。

03時イソバイド1cc、フェノバール0,8cc注射。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、メルファラン1/2錠。
16時ころビタミン剤入りソルラクト100ml点滴(病院)。
20時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

病院に行った。
毎日看ていてわかっていたことだけど、やはり状態がよくなかった。
目を背けてしまいたい現実。

でも発作がなかったらよい日。





2010年03月09日。

03時0,5cc、フェノバール1錠、ゼオライト。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1/2錠、メルファラン1/2錠。
15時ハナビラタケ、ゼオライト。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時50分イソバイド1cc、プレドニン1/2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。
21時フェノバール0,8cc注射、ビタミン剤入りソルラクト100ml点滴。

ずっとしんどそうではあったけど、
よく寝ていたので落ち着いてるのかと思いきや発作出た。
もう最近ではいつ発作が出てもおかしくない。
予測不可能。

寝ている時も肩で大きく息をしていて苦しそう。
食欲はまだ健在だけど、食べる動作に力がなくなってきた。
あっちこっち辛いんだろうな…
どうにもこうにもやるせない。

ちょっとでも元気出るようにオシャレしてみた。

ライバルは志茂田景樹?篠原ともえ?(←古…)
tong2ne1.jpg
あっ、今の時代はベッキーか?!

ぜーんぶハズレー、正解は☆2NE1☆(←オタク…)

相変わらず食後のお腹はパッツパツ。
tongbelly.jpg
調べたけど原因不明、急激に痩せたからってことで。

内臓出血とかではなさそうなのでひとまず安心。

かわいい包帯巻いて元気を出すのだ!
posted by なこ。 at 16:55| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。