2010年03月31日

発作0331・脳腫瘍共生249日目。

2010年03月31日(晴れ)。

・21時50分ころ。

7分弱の重い痙攣。
泡涎大量、失禁なし、脱糞大量。
意識回復がかなり悪く30分ほどかかってしまった。
意識が戻った後は排尿をして眠る。

発作も回復もすべてが長い。



・22時55分ころ。

20秒ほどの軽い発作。
泡なし、失禁なし、脱糞なし。
そのまま眠る。
短く軽かったのに右頬の皮膚型リンパ腫患部から出血。

夜中まで待ってフェノバールを注射予定。





2010年03月31日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。

また裏切られた。

今日は日中すごく調子よさそうだったのに。
徘徊するでもなく昼寝もほどほどで。
足取りもだいぶしっかりしていたんだけどな。
ちょっとご機嫌な感じで表情もよかったのにね。

残念。

夜のフェノバールは発作の有無に関わらず注射にするべきかな。
明日病院に電話して相談してみよう。

今ひとりで考え込んでも仕方ないからね。
そんなことしたって落ち込むだけだからね。
明日に想いを馳せて元気出そう。

明日はとっても楽しみなことが待ってるんだぞ。

とんちゃんも明日のためにゆっくり寝なきゃダメなんで。
今夜はもう発作なしでお願いします。

せめて心穏やかに朝を迎えられますように…
posted by なこ。 at 23:43| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

脳腫瘍共生248日目。

2010年03月30日。

02時フェノバール0,8cc注射。
03時イソバイド1cc。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
12時ころビタミン剤入りソルラクト100ml点滴(病院)。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠、チョコラA1錠。

昨夜の発作以降、今日は発作出ていません。
病院の結果もよくはないけど極端に悪化したわけでもない。
だから今日はいい日。

病院の後は帰りの車の中からグッタリ熟睡。
家ついた後もよく寝てました。

いち日通して震えがひどかった。
起きてる時はもちろん、眠ってる時までひどかった。
今も横でガタガタなってます。
手足をギュッと抑えてみたけど止まりませんでした。
そんなことで止まるなら最初から苦労はないんだけど。

体重は落ちちゃっても食欲は未だ健在なので、
これからもしっかり食べて体力を維持してもらわないとね。
ということで、今日はオヤツもいっぱい食べていただきました。
今日だけの特別サービスね。

なんだかとっても疲れたので久々に03時まで仮眠に挑戦します。

とんちゃんも朝までゆっくりグッスリ眠れますように…





Mちゃん、ちゃんと病院行った?
posted by なこ。 at 23:45| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍通院・43。

2010年03月30日。

今日の通院はテンション低めで行ってきました。
先生たちにも「元気ないなー」と言われちゃったよ。
診察台で立つ気もないくせにしっかりオヤツはもらってたけどね。

体重が一気に7,2kgまで落ちてました。
この1週間は毎食ちゃんと完食できてたのでちょっと衝撃的。
脳とリンパの腫瘍に吸い取られまくりか…
悪いものに栄養を与えてるのかと思ったらごはん作りも嫌になるね。

血圧高い、心臓さらに弱り気味、脱水ちょい悪い。
それから、右目の眼圧が少し下がってるって。
言われてみれば右目瞼の腫れがひいてるかも?
でも、前が引っ込んでもその分が後ろに行ってるはずだから、
別にいいことでもないらしいよ、見た目がいいだけで。

皮膚型リンパ腫はやっぱり乾いてる方が状態がいいので、
引き続き見張ってられる間は出来るだけ覆わずに乾燥させることに。
この見張り役が神経すり減ってすごい疲れるんだけど…
とんちゃんのためだ、仕方ないね。

いつものように皮膚型リンパ腫患部を消毒してもらって、
点滴を入れてもらいながら薬の確認で終了。

今日は皮膚型リンパ腫むき出しで行ったんだけど、
順番を待ってる間の他の患者さん?たちの視線がキビシかった、よ。
出来ることならとんちゃんを隠してあげたかった。

まぁね、私もとんちゃんがこうなるまでこんな病気知らなかったしね。
逆の立場だったら私も同じような反応してたかもしれないしね。
だけどこれからはどんな状態の子でも、
よその子を汚いと思ったりしないようにしよう、
少なくとも絶対に顔には出さないようにしよう、と思ったのでした。
世の中には手の施しようがなくてどうにもならない病気の子がいて、
病気であるが故に風呂も入れず汚れてくしかない子がいるんだよね。

人のふり見て我がふり直せ、だ。
ひとつ賢くなった病院の日でした。
posted by なこ。 at 19:16| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

発作0329・脳腫瘍共生247日目。

2010年03月29日(曇り)。

・21時50分ころ。

3分ほどの激しい痙攣。
泡大量、失禁なし。
右目のみ瞬きと眼球の回転。
発作後5分強で意識が戻ったので回復はよい方。

夜の薬を飲ませた後なので処置なし。



・23時05分ころ。

猛スピードで走り回って倒れた後2分ほどのかなり激しい痙攣。
泡大量、失禁なし。
意識回復はよいがその後も起き上がれずに横たわったまま。

もう少し様子を見て出来るだけ引っ張ってから注射予定。





2010年03月29日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠。

今日は発作なしで穏やかに終えられるかと思ってたのに。
なんだか裏切られた気分です。

夜のフェノバールを錠剤か注射か迷ったんだけど、
躊躇せずにやっぱり注射にしておけばよかった。
私の判断ミスだったかもしれない。

日中はちょこっと徘徊があったものの、
ほとんど寝ていたし落ち着いていました。
だから余計に悔やまれる。

2度目の発作後、けっきょく起きることはなくそのまま寝ちゃいました。
朝までゆっくり眠らせてあげてほしいです。

今夜はもうこれで治まりますように…



コメントやメッセージのお返事、ちょこっとだけお時間ください。
ごめんなさい…
posted by なこ。 at 23:39| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

脳腫瘍共生246日目。

2010年03月28日。

03時イソバイド1cc、フェノバール1錠。
08時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時55分イソバイド1cc、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠。
21時フェノバール0,6cc注射。

夜中の発作後は朝ご飯までグッスリでした。

大量摂取中のフェノバール効果が持続していて、
日中もほとんどの時間を眠ってすごしました。
たまに起きてもフラフラで思うように動けないから寝るしかないよね。

顔の皮膚型リンパ腫患部がまた少し広がりました。
もう覆い切れないね。
でもなんとか保護する方法を考えないと。

夜中の発作が続いているので念のために夜の薬を注射で入れました。
今夜は苦しむことなくやりすごせますように。
posted by なこ。 at 23:59| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発作0328。

2010年03月28日(曇り?)01時15分ころ。

昨夜の夜中。

3分半の重い痙攣。
泡大量、失禁なし、脱糞ひとかけら。
意識回復前にそのまま眠る。

もう用量オーバーで注射は無理だったので、
いつも通り03時にフェノバールの錠剤を飲ませた。

今のところ今日はこの1回だけ。
これで治まれ。

今夜はゆっくり眠りなさい。
posted by なこ。 at 21:31| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生245日目。

2010年03月27日。

03時イソバイド1cc、フェノバール0,8cc注射。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
16時30分ゼオライト。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時55分イソバイド1cc、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。
21時フェノバール0,8cc注射、ビタミン剤入りソルラクト100ml点滴。

昨日のこと。

震えひどい。
発作もひどい。

発作が続いたせいでとうとう顔の皮膚も破れてきた。
皮膚型リンパ腫、恐ろしい。

夜の注射の時に針を抜いたら大量に出血。
かなり血圧が高いのだろう。

フェノバールが多く入っているので立つのもやっとなほどフラフラ。

昨日はとんちゃんの具合の悪さとともに飼主も少し落ち込んでました。
心配して電話をくれたお友達たち、ありがとう。
心配かけてごめんね。
とんちゃんがいてくれるうちはなんとかなるはず。
いなくなっちゃったら自分ではきっとなんとも出来なくなるから、
廃人街道まっしぐらだと思うから、その時にはまた甘えさせてね。

とんちゃんは強い子、まだ負けない。

「命」。
tonginochi.jpg 
懐かしいでしょ?

ほんとは発作(昼)後の意識不明中の様子。
ちょっと面白かったから撮ってみた。

こんなコトしてるくらいだから飼主も強い子、まだ大丈夫。
posted by なこ。 at 17:14| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

発作0327。

2010年03月27日(晴れ)。

・00時10分ころ。

2分強の中度の痙攣。
泡大量、失禁なし、脱糞中量。
意識回復前にそのまま眠る。

処置なし。



・02時20分ころ。

4分ほどの重い痙攣。
泡大量、失禁なし。
意識回復前にそのまま眠る。

03時にフェノバール注射。



・15時25分ころ(重責)。

2分半の重い痙攣。
泡中量、失禁少量。

痙攣が治まった直後に30秒ほどの極軽い痙攣。
涎少量。
意識回復かなり悪い。

病院に電話で確認。
すでに規定量を超えたフェノバールを摂取していたため、
夜まで待ってフェノバール注射。



あれこれ書き綴る余裕がありません。
今日はもう発作は終わりにしてください。
posted by なこ。 at 21:43| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生244日目。

2010年03月26日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、プレドニン1,5錠、メルファラン0,5錠。
20時20分ごはん、ハナビラタケ、ゼオライト、プロアントゾン。
20時55分イソバイド1cc、プレドニン1,5錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ノイロビタン1錠。
21時フェノバール0,8cc注射。

朝からずっと震えがひどい。
ほとんど横になっていたけど震えのせいか眠れない様子。
なん度もなん度も体勢を変えてました。

動き回ってるのではなくほぼジッとしてる分見張りは楽。
でもガタガタ震えながらしんどそうな姿を見てるのは楽じゃない。

そんな状態だったので発作が来そうな嫌な予感はしてたけど、
来るだろうな、とは思っていても実際に来てしまうとガックリするね。
いつ来るかといち日キリキリしてすごしたから疲れちゃった。
とんちゃんもなんだかずっとピリピリしてたから疲れたよね。
とんちゃんは自分の体の変化をどう感じてるんだろう。

発作後は夜ごはんまで眠り続け、夜の薬後もすぐ就寝でした。

んー…
色々なモヤモヤがうずうずしてます。
とんちゃんの言葉がわかる超能力者になりたいです。

これ以上とんちゃんを痛くしないで、苦しくしないで、そっとしといて。
posted by なこ。 at 01:49| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

発作0326。

2010年03月26日(曇り)18時05分ころ。

3分半痙攣の後30秒ほど静止しその後2分再痙攣。
泡中量、失禁極少量、低いうめき声。
痙攣が激しかったため舌を噛んでけっこう出血。
意識回復前にそのまま眠る。

夜のフェノバールを注射に変えて対処。
出血はちゃんと抑えきれてなかった私のせい。
痛い思いさせてごめんね。

youtubeでとんちゃんの発作と近い動画をいくつか見付けました。
決していいものではないので見たくない方は避けてくださいね。
(ヘタレ飼主には発作中に撮影なんて余裕が微塵もないもので…
よその子たちの動画を拝借して失礼させていただきます…)

1
'軽い発作'と表現している時のがこんな感じ。

2
発作の終盤はいつもこんな風に硬直痙攣。

3
これで中度程度、重い痙攣はもっと激しい。

4
発作前に走り回る様子が一瞬写ってる。

私はとんちゃんが発作を起こしたらすぐに抑え込んでいます。
一般的には発作中は触れてはいけないというのが常識らしいけど。
対処の仕方はそれぞれの飼主の判断で不正解はないと思う。
「大丈夫だよ」ってずっと声をかけ続けたり、
パニックになったりするのはみんな同じようだしね。

と言いつつも、どうすればとんちゃんがいちばん苦しくないのか…
発作ともっと上手く付き合うにはどうしたらいいのか…
まだまだ模索中です。

落ち込んでる場合じゃないよ。
しっかりしなよ。

もう発作いらない。
それがいちばん。
posted by なこ。 at 22:12| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。