2010年02月15日

脳腫瘍通院・32。

2010年02月15日。

夕方病院行ってきたよ。

ちょうど完璧に熟睡中に連れ出したのだけど、
抱っこで車に移動してもまったく目覚めず。
道中の車内で気が付いてもグッタリしたままでした。

それなのに!
診察台に上がったらとたんに元気なのねー。
いつものことだけどさっ。
でも今日はいつもに増して元気かも?
先生たちもみんな揃って「今日のとんちゃんはオカシイ」なんて言うし…
いつもよりテンション高いから要注意だねって。
しかもこの3日間、同じように脳腫瘍の子やてんかん持ちの子で、
発作が続いてしまっている子が多いんだって。
怖いなぁ…

ハイテンションで元気に振る舞ってるくせに体はフラフラなので、
まずは強肝剤入りソルラクトを点滴で入れてもらう。
点滴されながらここ数日の発作と様子を報告。
昨日からの力のなさは、
免疫が弱ってフェノバールの副作用が出やすくなっているか、
もしくは腫瘍が成長してしまったか、というところらしい。
どちらにしてもよくないぞ。

点滴の後は診察。
心臓良好、血圧やや高い。
そして今日は反射神経がすこぶるよい。
それから最近鼻と口周りが血生臭いんだけど、
先生にも確認してもらっといた。
単に発作の衝撃でどこかしらが出血してるのか、
大きくなった腫瘍がはじけて出血しちゃってるのか…らしいです。
それはもうフタを開けてみないと判断出来ないとのことだったけど、
どうかどうか発作からの出血でありますように!

あとは毎日の点滴を今後も続けることにしました。
ずっと体調よくないしね。

どうやらとんちゃんは病院行って、
大好きな先生たちに会うと元気になるらしい。
だったら週いちと言わず、もっと頻繁に行ったらいいかもね。
とりあえずは次の通院までがんばってください。
posted by なこ。 at 21:09| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生204日目。

2010年02月14日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、ゼオライト。
08時35分フェノバール1cc注射。
08時50分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
09時15分イソバイド1cc。
16時ゼオライト。
20時20分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
20時50分イソバイド1cc、フェノバール1錠。
21時プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。
22時20分ビタミン剤入りソルラクト50ml点滴。

発作で始まり発作で終わった日。

朝のフェノバール注射の副作用がいち日中残っていたようで、
動く度にフラフラであちこちに頭や体をぶつけてしまう。
歩こうとすればバタバタとしょっちゅう倒れる。
今まではフェノバールを注射しても、
ここまで強く副作用が出ることはなかったのにね。

朝の発作後、意識が戻るとすぐにごはんを要求。
しっかり完食しました。

日中はちゃんと睡眠もとれていたし、
フラフラすぎて徘徊も長くはしていられないし、
落ち着いてすごしていたので発作も治まったかと思ったんだけど。
大ハズレでしたね。
しかも夜の発作は重くて怖かった。
発作が止まらなくなることがいちばん怖いかも。

最近は発作が読めなくなってきた。
飼主が発作慣れして感覚が鈍っちゃったのかな…
それはマズいな。

不安定な天気が続くから、
気合入れ直してガンバロウ。
posted by なこ。 at 13:16| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。