2010年02月09日

脳腫瘍通院・31。

2010年02月09日。

今日は暖かくて通院も気持ちよかったです。
寒くないのがよかったのか、
外に出るといつもはひどくなる震えも穏やかでした。

診察台に乗ってビックリ。
体重が激減してました。
かろうじてギリギリまだ8キロ台だけど、
ちょっと気を抜いたら7キロ台に突入しちゃうね。
やっぱり食べられなかったことが大打撃だったようです。

だけど心臓は良好だったからね。
血圧もやや高いくらいでね。
ごはんも食べられるようになってるから、
来週には体重が戻ってるといいな。

痩せちゃったことよりもよくなかったのが代謝。
なにやらとんちゃん脱水の症状が出始めているようです。
ナトリウムやカリウムの値が低くなってきているかららしく、
特にカリウムが不足してくると発作が起こりやすくなるそうです。
なのでこのまま代謝が悪くなって脱水がすすむと、
臭化カリウムという薬を増やさなければいけなくなります。
最近ではてんかん治療でも積極的に使われるようになった薬ですが、
やはり副作用もあるしこれ以上薬を増やしたくないからね。
代謝をよくして脱水を改善するために、
しばらく点滴を毎日入れることになりました。
近頃とんちゃんの背中は注射痕だらけでかわいそうだけど仕方ない。
辛抱していただきましょう。

とりあえずは次の通院までに少しでもよくなるように、
とんちゃんには飼主のヘタクソな点滴に耐えてもらってがんばろう!
posted by なこ。 at 21:59| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生198日目。

2010年02月08日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
20時40分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

どうやら発作は単発で治まってくれたようです。
よかった。
よく眠っていて久々に早朝徘徊もありませんでした。
よかった…?

食事の時以外はひたすら寝てすごしました。

食事中は体力不足か、途中でまたへたって伏せてしまう。
朝も夜も。
だけどちゃんと完食はしてるからね。
オスワリの体勢を保てないだけでしっかり食べてはいるからね。
この前みたいに食べられないよりぜんぜんいいよ。

いち日通して体温が少し高めで、
鼻や耳も真っ赤なので血圧も高そうだけど、
発作が続いてたりするわけじゃないからね。
いっぱい寝てじっくり体を休めてるからその内治るよ。

徘徊されてもイライラするし、
全くされなくても元気なさそうで心配でハラハラ。
心の狭い飼主でごめんね。
こんなダメ飼主、とんちゃんしか付き合い切れないでしょ?
だから見捨てずにがんばってよ。
お願いね…!
posted by なこ。 at 12:47| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

脳腫瘍共生197日目。

2010年02月07日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
11時35分フェノバール1cc注射。
20時45分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

ごはんが普通に食べられるようになって、
徘徊まで出来るほど元気になったと思ったらまた発作。
3歩進んで2歩さがるって、こういうことを言うんだろうね。

発作後はしばらく徘徊してたけど、
大量の排尿を済ませたらバタッと倒れ込んでそのまま熟睡。
熟睡とういか、見た目は昏睡。
夜ごはんで起こすまで、寝返りもせずまったく動きませんでした。

夜ごはんの際も自分を支えていられないようで、
ヘタッと伏せた状態のままでの食事。
それでも食欲はあってちゃんと完食できたのでまずはひと安心。

グッタリしてしまうのはフェノバールの注射の副作用だろうから、
心配しすぎないように、神経質になりすぎないように努めよう。

夜も薬が済むと即熟睡でした。
いっぱい寝てるのでまた回復するはずです。
大丈夫です!
posted by なこ。 at 15:12| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

発作0207。

2010年02月07日(晴れ)11時30分ころ。

朝の徘徊がやっと落ち着いて眠り始めた直後。
最近の中では少し長めの3分強。
やはり全身硬直から終盤は四股がバタつく。
終止歯をきつく食いしばっており、
いつもは発作中はギュッと閉じている目が大きく見開いたまま。
痙攣が治まると頭だけを左に回旋させた。

すぐにフェノバールを注射。
点滴も入れたかったが発作後に徘徊が出たので断念。

ここのところ、どうもよくない。
ちょっとしんどい状態が続いている。
脳腫瘍が進行してしまうのを止められないとしても、
なんとか出来るだけ負担を軽くしてあげられたらいいのに。

少しでも穏やかに、苦しまずにいられますように。
posted by なこ。 at 23:40| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・脳腫瘍共生196日目。

2010年02月06日。

徘徊がひどい。
相変わらず震えは続いているのに徘徊がひどい。
ほとんど昼寝もなしで徘徊がひどい。
いち日中眠りっぱなしだった前日は大違いだ。
たくさん睡眠をとって体力回復したのかね。

徘徊がひどいとピリピリする。
神経張り巡らせて気を付けてたんだけど…
夕方とんちゃんのごはんの用意で一瞬目を離した隙にまたやられた。
トイレシート食べちゃったよ。

もうやだ。
すごく腹が立つ。
いい加減勝手にすればいい!と思ってしまう。
なんでも勝手に食べればいい!などと思ってしまう。
すべてを放棄してしまいたい。
そしてそんな風に感じてしまう自分にまた落ち込む。
ほんとはもっと優しくしたいのに。

朝ごはんは療養食に潰したバナナとヨーグルトを混ぜたものを。
スムーズに調子よく完食。
たくさん寝たら食事も普通にとれるように回復したようです。
朝ごはんで大丈夫そうだったので、夜ごはんは通常の手作りごはん。
なにも問題なくあっという間に食べきりました。
トイレシート食べられて発狂寸前だったけど、
がんばって作ってよかったよ。

夜の薬後にやっと落ち着いて寝てくれた、と思ったんだけどね。
騙された。
2時間ほどで目を覚まし再び徘徊。
しつこい。
やめて。
また手が出ちゃいそう。
誰かダメ飼主を縛り上げといてください。

結局徘徊したままいち日が終わってしまいました。
でも、ちゃんとごはんが食べられるようになったからね。
よいいち日だったと思い込んでおこう。



補足:徘徊が困るならケージやサークルに入れておけば?
と思われる方もいらっしゃると思いますが、
徘徊が出ている時に閉じ込めると震えがよけいにひどくなります。
震えがひどくなると発作に繋がりそうで怖いので、
イライラしながらでも徘徊させておく方が安全と判断し、
出来るだけ家具や不要なものを排除した上で野放しにしています。
それぞれ個体に合った対処法があるのだろうけれど、
今のところとんちゃんにはこれが最適のようです。
他にも「うちはこんな風にしてるよ!」とか、
「こんなんはどうかな?」とか、
なにかいい案があればぜひ教えて頂きたいです!
posted by なこ。 at 12:58| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

脳腫瘍共生196日目。

2010年02月06日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
20時45分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

とんちゃんの徘徊が始まったのでとりあえず薬の記録まで。
今日の状態についてはまた後ほど改めて。

posted by なこ。 at 23:30| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生195日目。

2010年02月05日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
16時ゼオライト。
20時40分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。

トイレに起きてきた直美さんにつられて05時すぎに起床。
早すぎますよ。
目覚めた瞬間から震えが激しい。
目も半開きの怪しいままで調子悪そうね。
それなのに徘徊はするのですね。

震えがひどすぎるからか目がちゃんと開かないからか、
朝ごはんを食べるのにすごく時間がかかった。
ゆっくりでも完食してくれたからいいけどね。

朝の薬が済むとグッタリと眠ったまま起きません。
寝返りもまったくしないほどよく寝てました。
体温が少し高めだったので、体がだるかったりするのかな。
寝ているのになんだかしんどそうに見えてしまう。
結局夜ごはんまでいち度も起きることはありませんでした。

夜ごはんで起こした時には顔つきがいくらかマシになってた。
目の充血が薄くなって開き方も少しいいかも。
だけど朝ごはんが辛そうだったので、
夜は病院でもらってきたドロドロの療養食で。
朝よりは食べやすそうだった感じです。

夜の薬の後もすぐに熟睡でした。
やっぱりだいぶ調子悪いようですね。
でも、よくなるためにいっぱい寝てるんだろうからね。
時間かかってもごはんも食べてるしね。
大丈夫。

負けるな、とんちゃん!
posted by なこ。 at 09:25| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

脳腫瘍共生194日目。

2010年02月04日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、ゼオライト。
08時10分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
20時10分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
20時20分フェノバール1cc注射。
20時25分ごはん再開。
21時イソバイド1cc、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。
22時30分ビタミン剤入りソルラクト100ml点滴。

朝から発作が出たり、なんだか目紛しいいち日だった。

夕方目を覚ますと顔が変わっていた。
目が真っ赤に充血していて、しかもちゃんと開かない。
頭も重そうで持ち上がらない。
見るからに調子悪い。

夜ごはん中には発作まで出てしまう始末。
それでもその後しっかり完食してくれたからね。
まだ平気。
なんとかなる。

ヨシタが一緒にいて嬉しいだけだ。
きっとそうだ。
その内落ち着くはず。

とんちゃん、負けちゃダメだよ!
posted by なこ。 at 15:04| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

発作0204。

2010年02月04日(晴れ)09時55分ころ。

昨日のヨシタの帰宅で興奮しすぎたのか、また発作。
朝の薬が終わってやっと落ち着いて寝始めた時でした。
2分強ほどの発作で終盤軽くバタつきがあった。
発作後は徘徊することもなくそのまま寝てくれた。

薬を飲ませてから時間が経っていなかったので、
病院に電話で確認して処置はせずに様子を見ることに。

寝息が苦しそう。





2010年02月04日(曇り)20時15分ころ。

朝の発作の出方で、まだ終わってない気がしてたんだけど、
嫌な予感が見事に的中してしまい今年二度目の群発発作。
夜ごはんを食べ始めた直後でした。
食べている最中に発作が出たのは初めてでビックリした。
食べたばかりのものがすべて逆流してきちゃいました。

3分ほどの発作でやはり終盤軽くバタつく。
また少し発作の状態が変わったのだろうか。

痙攣が治まってから即フェノバールを注射。
発作後の回復はとてもよく、
意識が戻るとなにもなかったかのように、
すぐにまた食事体勢になってごはんをせがむ。
発作の直後に食べさすのは不安だったけど、
極少量ずつをゆっくりゆっくり食べてもらいました。

先週はごはんが食べられなくなって、
回復したと思ったら今日は食べてる最中に発作が出て。
やっぱり食事をとることが、
かなり大変なことになってきてるのかな。
食事が負担になるのは危ないな。

これ以上発作が続きませんように!
posted by なこ。 at 23:28| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍共生193日目。

2010年02月03日。

03時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠、ゼオライト。
08時30分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
11時30分ソルラクト100ml点滴(病院)。
20時30分ごはん。
21時イソバイド1cc、フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠、ゼオライト、プロアントゾン。

夜中03時の薬の後にちょっと徘徊したにも関わらず、
朝はしっかり06時10分前に起床して再び徘徊。
いくら早起きして頑張っても、
ムダな努力だといい加減学んでいただきたい。

病院から帰宅後はしばし一緒にお昼寝。
よく寝てたんだけど、いつもと違う気配を感じたのか、
16時ころには起き出してまたまた徘徊。
まぁ今回はタイミングよかったからいいよ。
ちょうど掃除機かけたかったんだ。

そんなこんなでウロウロバタバタしていると、
夕方北海道からヨシタ(弟1号)が帰ってきたよー!
完全帰省です。
北海道を引き上げて東京に戻ってきました。
北海道の牧場でのお仕事の寒さに耐えられなくなった…
などと言っております。
なんでもいいよ、嬉しいもん!
久しぶりに会うヨシタは善ちゃん(父)そっくりになってました。

久々のヨシタにまめまやもふうがもとんちゃんも、
犬猫みんなそろって大喜びです。
みんなヨシタに群がってました。
ヨシタにはとんちゃんの病気のことを話してなかったので、
ガリガリの姿と余命宣告されたことなど、諸々ビックリしてたけど。

犬猫たちがヨシタと感動的な再会を果たした後は、
とんちゃんを直美さんにお願いして、
ヨシタの東京の新居の掃除へヨシタとくんたと飼主と、
姉弟3人仲良く行ってきたのです。
初めてヨシタの運転する車に乗ったのだけど、
終止「コワイコワイ」言ってるヨシタにこっちの方が怖かったよ。

新居の掃除の他にも、電気屋さんやホームセンター行ってたら、
とんちゃんのごはんの時間に間に合わなかったので、
夜ごはんは直美さんにあげてもらいました。
問題なくちゃんと食べられたそうです。
よかった。

慌ただしいいち日だったけど、
人も動物もみんなが楽しくて幸せそうで、
すごくすごーくいいいち日だったな。

おかえり、ヨシタ。
これから新たな人生がんばってね!
とんちゃんも、ヨシタに負けずにがんばるから!
posted by なこ。 at 11:57| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。