2010年01月06日

脳腫瘍共生164日目。

2010年01月06日。

03時フェノバール1錠。
08時30分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
09時イソバイド0,5cc、フェノバール1錠。
17時イソバイド0,5cc、ゼオライト。
20時10分ごはん、ゼオライト、プロアントゾン。
21時フェノバール1錠、プレドニン2錠、ゴスペール1錠、フォルテコール1錠。
23時イソバイド1cc。

今日は直美さんとふうがと一緒に近所の神社に初詣。
歩いてもすぐのところに車で行ったんだけどね。
さすがに田舎の極小神社なのでもう誰もいませんでした。
破魔矢もお守りもおみくじも、なんにもありませんでした。
お清めのお水すら空っぽだったしね。
それでも、今年もまたとんちゃんとお参り出来て幸せだったよ。

初詣の後に神社の側の原っぱで小走り。
グルグルしただけだけど、だいぶ楽しそうでした。
人手がある時は、無理させない程度に連れ出してあげたいね。

とんちゃんの「楽しい・嬉しい」ができるだけ増えたらいい。

これからも、周りの優しい人たちに助けてもらいながら、
笑顔になれる思い出をたっくさーん増やしてゆきましょう。
お心当たりのあるそこの優しいお方々、
どうぞどうぞ、ヨロシクねー!
posted by なこ。 at 23:54| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳腫瘍通院・25・26。

2009年12月30日。

もう1週間前のことですが…
2009年最期の通院の記録を思い出しながらね。

体重がとうとう8kg台に落ちてしまってショックを受けたな。
闘病生活に入る前、元気だった頃の体重は11,5kg。
ずいぶんちっちゃくなっちゃったねぇ。

あとは…あんまし覚えてなかったり…

お正月、病院がお休みの間が不安だったので、
フェノバールの注射とソルラクトの点滴液を多めに出してもらい終了。
先生に、お正月休み中も入院の子たちがいるから、
毎日病院にはいるからなにかあったら電話して!
って言ってもらえて安心しました。



2010年01月05日。

夕方から病院へ。
向かっている車中から震えが出始める。
順番を待っている間にどんどんひどくなっちゃって緊張した。
診察中も治まらず激しくブルブル震えたまま診てもらう。

体重は変わらずでちょっとホッとした。
心臓はいつもよりもやや弱脈。
血圧良好。
心臓の動きがかなりのんびりしてしまっているみたいだけど、
動きが速いよりはゆっくりの方がいいから大丈夫だって。

震えは、あまりにひどい時や長い時は、
ソルラクトを点滴して血流をよくして様子を見るようにって。
体温が安定しないのは対策がないので、
引き続き気を付けて体温を測って、
危険数値になったら即病院で対処ということに。

一通りの診察後は3人の先生たちみんなからオヤツをいただく。
とんちゃんは、震えつつもかなり上機嫌で新年初通院を終えました。
あっという間に年を越えて、
今年もまた先生たちにお世話になれること、
とても嬉しく思います。
病院に行けることが嬉しいのは初めてですが、
まだまだ末永くご迷惑おかけするつもりでいますので。
どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします!

新年のご挨拶で疲れたのか帰りの車で寝始めたとんちゃんの震えは、
家に着くころには治まってました。
posted by なこ。 at 22:01| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。