2009年11月10日

脳腫瘍通院・16・17。

2009年11月04日。

先週の通院のことはもうあんまり覚えてないな。
直後から発作が重責して記録するどころじゃなかったからね。
体重がちょっと増えてたことくらしか記憶がない。



2009年11月10日。

今日の通院はテンション低め。
車の中からグタッとなっていた。
診察台に上がってもいつものように先生に甘えもせず寝たきり。
オヤツだけはしっかりもらっていたけど。

発作重責後で心配だった心臓はまだまだ大丈夫だって。
とりあえずホッとした。
とんちゃんすごいな。

「最近またとんちゃんをかわいがれない」という本心を相談した。
そしたら先生が泣いちゃった。
助けてあげることの出来ない子たちが次々にやって来て辛いって。
それでもよくお世話してるよ、がんばってるよ、充分だよ、って。
先生もてんかん持ちの子を看取ったことがある。
精神的に追い込まれる飼主の気持ちを理解してもらえてありがたい。
今のすごくマイナスな気持ちも認めてもらえて救われた。
最後には、寝不足続きで疲れてるだけって笑ってくれたしね。
この先生に出会えてよかったな。

だけどこんな気持ちのままとんちゃんが逝ってしまったら、
絶対に悔やみ切れないほど後悔することになるからね。
それは自分でもよくわかってるからね。
だからなんとかしたいんだ。

とんちゃんに対する愛情はこれっぽっちも変わってないのにな。
元気だった時間をいかに当たり前にすごしていたかが身にしみるね。

どーんと強く大きい人になりたい。
posted by なこ。 at 23:47| 豚。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。